ラブストーリーのマグカップ・ローゼンタールのスタジオライン

おとぎの国に来たようなマグカップ。

カップは7種類あります。1人の男性が花を持って女性に会う出逢いから始まって、色んなところを2人で旅するストーリーになっています。色使いが素敵でそれを見ると空想の世界に入ってしまいます。毎日それを見ることで楽しくなります。

ローゼンタールのスタジオライン。これはローゼンタールが時代を代表する芸術家やデザイナーとコラボレートした作品を発表するというものです。色々な作品がありますがこれはラブストリーLove Story(1996)のデザインはドロシー・ハフナー、デコレーションはキティー・カーハンです。とっても可愛いです。

ロゼンタール

毎日このマグカップでお茶を飲むたびにホッコリします。愛あるストーリーを想像してしまいます。楽しい旅をしたくなりますね。

投稿者プロフィール

春川恭子
春川恭子
セラピスト・ヒーラー・カウンセラー。健康で心も身体も元気であるためにはどうしたらいいのか。その人の本来の姿、その人らしく生きることが最大の健康になると一薬剤師としての結論に至りました。
心と身体を癒し、魅力を引き出すお手伝いをさせていただきます。詳しいプロフィールはこちらへ。