想像の世界に入ってしまう絵のない物語の本

絵がひとつもなかった

小学2年生の時に学校の図書館で借りた赤い物語の本。

文字だけの厚い本でした。

読むのが楽しくて、頭の中は空想の世界だった。

異空間にいた

1人で想像することが楽しかった。

本

誰にも邪魔されない場所

良い悪いもない。

誰にも縛られない。

想像は無限で自由だってこと。

大人になってから

仕事に忙しくて

日々の生活に追われ

想像していなかった。

今からでも大丈夫

1人で楽しいことを想像しよう。

想像の世界に。

夢の中にすぐに

どこでも入っていける。