手のアルコール消毒は必要?

【BLOG】手のアルコール消毒は必要?

冬になると乾燥して手荒れにいつも悩まされていました。

薬剤師で高カロリー輸液を作るのに毎回、手に消毒をしていました。
冬は、手がガサガサになり痛くてひどかったです。

アルコールの入った消毒薬は本当に水分を取ってしまいます。

最近では、家庭のキッチンでアルコール消毒を使っているところもあるようです。

アルコール消毒とか、普段の生活に必要なのでしょうか。

手の消毒

糠漬けを作る時は手についている常在菌が必要です。

手を石鹸で洗うと
常在菌がほとんどなくなります。

石鹸は使わずに
流水で洗って
糠に手を入れて混ぜます。

手についている常在菌が入って
美味しくなります。

糠漬けは手を入れた人によって
味が変わるんです。
常在菌が違うからですね。

最近は、おにぎりをラップで
握ったりする人が増えたような気がします。

手に直接塩をつけて握ったおにぎりは
最高に美味しいです。

塩がしっとりと
ご飯に馴染んで美味しくなります。
常在菌がいるからかもしれないですね。

消毒で菌を殺してしまうと
それよりも強い菌がやってきます。
やっかいなことになります。

ある程度の菌がある方が均整が取れます。

手の消毒はしないで
自然のままが良いですね。

昔は消毒などなくて
元気だったのだから。

笑顔と健康で、今を楽しみましょう!

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

★★★セミナーのご案内です。★★★

「自分らしく生きる人へ
健康になる3つの要素でオーラを放つ」

長年、薬を渡し続けていた薬剤師が
「健康になるためには、どうしたら良いのか。」
を探究してきました。

オーラを磨き、輝きを。

健康セミナー

日時 :2020年1月30日(木)
18時~19時30分
場所 :アトリエ ラルブル Larbre  2F
千葉県木更津市ほたる野2-4-5

セミナーについて詳しくは
こちらをご覧ください。

ホームページは
こちらからご覧ください。