また、行きたくなる店員さんの気配り。最高のサービス!

右手にキャスターバッグ、左手に手提げかばん、そして肩にショルダーバッグをかけて更にお買い物をした手提げ袋を持って、どこで食事をしようかなとブラブラしていました。田舎から出てきたようなお上りさんの格好ですね。まあ、田舎者ですから。

この荷物を持って2階はムリムリ、地下にあるお店もムリムリ。エレベーターがあればいいなあなんて。 それは私の都合で、今自分が食べたいのものを何か。それを優先すると「麦とろごはんが食べたい!」それなら「牛たんのお店”ねぎし”に行こう!」赤坂見附店は地下1階です。お店につながる地下の階段は荷物を持って”一人で自力で行けるな”と思いドアを思い切って開けました。そうしたら階段の下から「荷物をお持ちします!」と言ってすぐに駆け上がってきてくれました。

若い好青年です。「何と素敵な人なんでしょう!」
フットワークが軽いというか、私には最高のサービスでした。もしも外国にいたならきっとチップを弾んでしまうくらい嬉しかったです。

荷物を預かってもらいゆっくり食事が摂ることができました。

そして帰りも「上まで荷物をお持ちしますね。」と声をかけてもらいお会計を済ませました。地上出口まで荷物を上げてくれて感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

とても親切な店員さんに感謝です。
私も荷物をいかに減らすか。これから探求していきたいと思いました。
赤坂見附に行く時にはまた牛たん”ねぎし” を利用したいと思います。

投稿者プロフィール

春川恭子
春川恭子
薬剤師として病気にならないためには、薬を飲む前にすることはないのかと日々考えてきました。
その人の本来の姿、その人らしく生きることが最大の健康になると結論に至りました。
健康な体で楽しくワクワクする毎日をお手伝いします。詳しいプロフィールはこちら。