明日は明日の風が吹く

こんばんは。

春川恭子です。

「明日は明日の風が吹く」という言葉は私が大好きなことわざです。

みなさんは良く知っていますよね。意味は先のことを案じても始まらないので、成り行きに任せて生きるのがよいということです。(故事ことわざ辞典より引用)

このことわざをチョイスすると言うことは、私がこのことを気にしているということですね。私はまだ起こっていない未来をあれこれ心配してしまったりして「あー、こうなったらどうしよう?」とか考えてしまいます。恐れとか心配の気持ちが強いですね。客観的に見るとまだ何も起こっていませんから。何も起こっていないことを色々心配することは時間がもったいないですね。

明日は明日の風が吹く

このことわざのように心配は不要です。ネガティブな感情に焦点をあてずに楽しいことを考えていきましょう。

この記事を書いた人

春川恭子

春川恭子

セラピスト・ヒーラー・カウンセラー。健康で心も身体も元気であるためにはどうしたらいいのか。その人の本来の姿、その人らしく生きることが最大の健康になると一薬剤師としての結論に至りました。
埋もれているあなたの光を見つけだし、磨きをかけ魅力を引き出すお手伝いをさせて頂きます。詳しいプロフィールはこちらへ。