愛。真実の愛とは?自分勝手なエゴを愛だと錯覚していませんか?

愛とは何だろう。

愛だと思っていたのが、自分が作り出した錯覚の愛だったら。

自分の感情、自分勝手なエゴを愛だと錯覚していないだろうか。

例えば、子供が自分で解決の方法を考えて行動するのをかわいそうだと思って、親が本人の意思に関係なく解決してしまう。

親は子供が可愛いから、守っているつもりで愛だと思っている。
これは、愛ではなく、自分勝手なエゴで情からくるものだ。

情をかけることで、相手に考えや判断、行動をさせなくなり、相手をダメにしていく。

愛

例えば、恋人関係で相手に尽くしている人がいる。尽くしすぎている。
これも、愛だと錯覚している人がいる。尽くすのは、相手をダメにするし、自分の勝手なエゴで尽くしているにすぎない。自己満足だ。相手を活かすことが愛だ。
時には見守ることが愛。
時には、助言するのが愛。
時には寄り添うことが愛。
色々な場合がある。

自分の気持ちを優先して情を愛と思ってしまいがちだ。

相手を活かすのが愛。

愛によるものか、感情によるものか、いつも考える。

愛で生きてハッピーに!

ホームページは
こちらからご覧ください。

この記事を書いた人

春川恭子

春川恭子

セラピスト・ヒーラー・カウンセラー。健康で心も身体も元気であるためにはどうしたらいいのか。その人の本来の姿、その人らしく生きることが最大の健康になると一薬剤師としての結論に至りました。
埋もれているあなたの光を見つけだし、磨きをかけ魅力を引き出すお手伝いをさせて頂きます。詳しいプロフィールはこちらへ。