色の世界。色を感じる。色で表現。

この世界に色がなかったらどうなるだろうか。
昔の白黒写真のような世界になるのだろうか。

色を見て元気が出てくることもあるだろうし、
色を見て心が落ち着くこともある。

何といっても、色で楽しむことができる。
マットな色、光沢のある色、くすみのある色、蛍光色、鮮やかな色。

色で色々、表現ができる。

色の世界

教会や洋館のステンドグラスから光を通したら、綺麗な色の光になるでしょう。

部屋も家具やラグ、カーテンの色で印象を変えられる。

毎日着る服も色で楽しむのもいい。

ウィーンを旅したときにフンデルトヴァッサーの作品を観ました。建築物にデコレーションしている大作が多いです。楽しいアートで彩ったり、それを見ているだけで楽しくなります。

色って誰が考えたのか?

エネルギーの世界だと
色を周波数に置き換える。

チャクラにもそれぞれ色がついている。

色を見て人は感じる。

感じるって感情が湧くってこと。

たくさんの色があるから、
たくさん生活の中に取り入れて思う存分、楽しもう!

ホームページは
こちらからご覧ください。

この記事を書いた人

春川恭子

春川恭子

セラピスト・ヒーラー・カウンセラー。健康で心も身体も元気であるためにはどうしたらいいのか。その人の本来の姿、その人らしく生きることが最大の健康になると一薬剤師としての結論に至りました。
埋もれているあなたの光を見つけだし、磨きをかけ魅力を引き出すお手伝いをさせて頂きます。詳しいプロフィールはこちらへ。