おじさん、おばさんの干し柿

こんばんは。

今日は親戚の挨拶回りをしてきました。

親戚のおじさん、おばさんは畑を耕しています。
90歳を超えても、とても元気です。

おじさん、おばさんの手作りの干し柿がとても美味しいです。

おじさん、おばさんの干し柿
おばさんが干し柿が大好きで柿の木に肥料をあげて作った柿です。
多い年には400個ほど成ります。
柿泥棒が入るほど鈴なりになるそうです。

おばさんとおじさんの共同作業で脚立に登り柿の木からへたのついた状態で枝をT字状にカットして紐でくくりつけてつなげていきます。その日のうちに皮をむき虫がつかないように熱湯に通すか焼酎にくぐらせて風の冷たい日に3日ほど乾かすと完成です。

これを寒い冬の日に行います。
私は寒い日には家を出たくないのに高齢なおじさんとおばさんには頭が下がります。
400個も作り親戚や近しい人に贈るそうです。

喜んでもらえるのが嬉しくて作っているそうです。

手間と時間、愛情をかけた干し柿は高級なお店以上の味です。

ごちそうさまでした。

おじさん、おばさんのように好きな仕事をして自分で生きていけるって素晴らしいです!

投稿者プロフィール

春川恭子
春川恭子
薬剤師として病気にならないためには、薬を飲む前にすることはないのかと日々考えてきました。
その人の本来の姿、その人らしく生きることが最大の健康になると結論に至りました。
健康な体で楽しくワクワクする毎日をお手伝いします。詳しいプロフィールはこちら。