心に余裕を!相手を思いやる、心をもって。

【台風被害に遭われた方々がいつもの生活に戻れますように、心からお祈り申し上げます。】

道を譲ってもらいとっても嬉しかったです!

車の運転で信号のないT字路を右折しようとていました。右折方向の道が右後方に曲がっていて視界が悪く、しかも夜で外灯もなく、カーブミラーもありませんでした。

なかなか、右折できずにいたら、左から来る車が止まって私に道を譲ってくれました。

嬉しかったです。
なんて優しい方なのでしょう。
感謝です。ありがとうございます。

次回は、信号のない横断歩道で待っている方や、
渡れずに待っているドライバーさんに道を譲ろうと思います。

運転で急いでいる時や、心に余裕がない時は、
信号が変わる前に渡りたいとか、人に道を譲る気持ちがありません。
視界も狭まり周りが見えなくなります。
「自分が先に行くぞー!」になっています。

以前の私はいつも急いでいて余裕がありませんでした。

今は、心に余裕ができて横断歩道に人がいることに気が付くと、少し手前でゆっくり止まります。
道に入ろうとしているドライバーさんに道を譲ったりできるようになりました。

心に余裕を持つと周りが見えてきます。
自分の事も落ち着いて客観的に見えるようになります。

相手を思いやる

私は道を譲ってもらってとっても嬉しかったので
相手を思うこと、思いやることで、相手に喜んでもらえたら嬉しいです。

心に余裕が持てる人がたくさん増えたらみんなハッピーですね。

ホームページは、
こちらからご覧ください。

この記事を書いた人

春川恭子

春川恭子

セラピスト・ヒーラー・カウンセラー。健康で心も身体も元気であるためにはどうしたらいいのか。その人の本来の姿、その人らしく生きることが最大の健康になると一薬剤師としての結論に至りました。
埋もれているあなたの光を見つけだし、磨きをかけ魅力を引き出すお手伝いをさせて頂きます。詳しいプロフィールはこちらへ。