体も心も喜ぶこと。〈美味しいものを食べる〉

「今日は、これが食べたい!」と思ったりしますか?

以前の私は、「何が食べたい?」と聞かれて「特にないから何でもいい。」と言う人でした。
食に興味がなかったのかな?

今は、違います。

美味しいご飯を食べると、嬉しくなります。

嬉しい顔
↑嬉しい顔(恭子作)

どこかに用事があって出かけて行くときは
その周辺に美味しいお店を検索して目的のお店に行くようになりました。

美味しい味にも感動します。
お店の空間作りや、お料理の盛り方なども楽しみのひとつです。

それに加えてお店の方達の対応や、作り手の愛情が伝わってくると、
胸がキュンとしてしまいます。

「素晴らしいな。」

感動します。心が大喜びです。
お店の方々の思い、愛の振動が伝わってきます。
また、訪れたくなります。

美味しいものを選んで食べられることに感謝です。
たくさんの美味しい出会いがありますように。

ホームページは
こちらからご覧ください。

この記事を書いた人

春川恭子

春川恭子

セラピスト・ヒーラー・カウンセラー。健康で心も身体も元気であるためにはどうしたらいいのか。その人の本来の姿、その人らしく生きることが最大の健康になると一薬剤師としての結論に至りました。
埋もれているあなたの光を見つけだし、磨きをかけ魅力を引き出すお手伝いをさせて頂きます。詳しいプロフィールはこちらへ。